どっちがお得?キャリアと街の修理屋さん

>

非正規修理店は自分の理解力も必要になる

非正規修理店のメリット

非正規修理店のメリットは、破損部分のみを修理する「部分修理」のため、基本的にデータは消えないという点です。
しかも、正規修理店に比べて店舗数が圧倒的に多いので、受付で長時間待たされることもほぼありません。修理自体もディスプレイ交換やバッテリー交換などの簡単な物であれば、10分程度で完了することが多いです。
ただ修理後の保証については、保証している所としていない所があるので注意が必要です。保証期間を設定している所は、品質に自信がある所なので、非正規修理店を選ぶにあたっての基準にしてみても良いかもしれません。その際は、3ヶ月以上保証期間を設定している所を選ぶと良いでしょう。
非正規修理店が一番重要視している点は、データを残すことです。データを失わず、修理時間も早く、修理費用も安く抑えられるという点が、非正規修理店の主なメリットになります。

非正規修理店のデメリット

非正規修理店のデメリットは、取り扱っているパーツが純正パーツではないという点です。その為非正規修理店で修理を行うと、キャリアの保証プランにあるサービスは使えなくなってしまいます。なぜなら、各キャリアの規定上、改造は禁止されているからです。純正パーツではないパーツとの交換は、改造行為に認定されてしまいます。
あとは、破損状態が悪すぎると修理は不可能なので本品交換しかないのですが、非正規修理店では本品交換は出来ないという点です。
ただこれに関しては自分で判断するのは難しいので、一度非正規修理店に修理可能かどうかを確認してみると良いと思います。
非正規修理店が部分修理をしても盗難や紛失に関してはキャリアの保証は使えますし、保証プランを使って修理をしたとしても実際割高になる事が多いので、これらの点はそこまでデメリットとは言えないかもしれませんが、頭の片隅には置いておいたほうが良いと思います。


この記事をシェアする